伝統工芸士の紹介

伝統工芸士とは

 「伝統工芸士」の認定制度は、伝統的工芸品の需要拡大と後継者の育成を目的として1974年に誕生しました。
伝統的工芸品の製造に従事し技術・知識・経験が優れている職人に対し、(財)伝統的工芸品産業振興協会より「伝統工芸士」の称号が授与されます。作品の審査や筆記・実技試験に合格しなければ得られない国家資格です。
 平成30年現在、東京銀器には28名、うち当社には2名の「伝統工芸士」が在籍し、伝統を受け継ぎ、次の世代を担う職人を育てています。

伝統工芸士の紹介

 





ページ上部へ戻る