ホーム ご利用案内 お手入れ方法 銀製品お話し 会社案内 リンク  中 文  ネットショップ
銀製品工程しおりその他の資料紹介ページ
東京銀器
 我が国に於いて銀器が使用された歴史は古く延喜式(916年)に見い出される。
 江戸時代に於いては江戸初期の寛永年間(1624年〜1644年)に銀道具類が製調され後水尾天皇 
 及び将軍家光に献上された記録がある。
  この銀道具類を製作した職人を銀師(しろがね)と称した。江戸中期の江戸は世界最大の人口を有する
 都市となり元禄時代に彫刻師横谷宗a(1670年〜 1733年)が大名武家の使用する製品を彫刻する。
 家彫から脱皮し町人の持物を製作する町彫を確立すると共に彫金の技術技法を完成した。
  尚、彫刻する製品の生地(下地)造りを製作したのが白銀師(しろがね)、銀師(しろがね)
 (後に打物師)と称し彫刻師の下請的存在であったが、明治以降は鍛金及彫金の技術技法は
 維持継承されている。

 <銀器の主な製品>
 器物では 和茶器、茶道具、花器、食器、酒器、菓子器、喫煙具、楊枝入
 置物では 模型、人物像、動物像、賞杯、飾り皿、額、その他
 身辺具では帯止、煙草入、キセル、タイピン、手鏡、香水入、その他
  比 重 融 点 現在の主な産地
 銀(Ag)  10.50  961.78  南米(メキシコ・ペルー・ボリビア)
 金Au(K24)  19.32  1064.18  南アフリカ共和国
 金Au(K18)  15.40    
 白金Pt(プラチナ)  21.45  1768  南アフリカ共和国
 銅Cu   8.96  1084.62  

軟らかい



硬い
銀の名称  純度 用    途
 純銀(99.99%以上)  急須・湯沸など器物に使われる
 970(97%)  ペパーナイフ・大きく、薄いもの
 950(95%)  根付・薬入れ・などの小物
 925(92.5%)  箸・耳かき・バックルなど細い物や力のかかる物に使用
 900(90%)
割金(わりがね)  純度を下げるためにまぜるもの、主に銅を使う
器 物 の 主 な 行 程
溶 解  インゴットを用意する
板 状  炉で溶解し板状の大きな板を作る