ホーム 商品覧 ご利用案内 お手入れ方法 銀製品お話し 会社案内 ニュース リンク 
銀製品工程しおりその他の資料紹介ページ
東京銀器
 我が国に於いて銀器が使用された歴史は古く延喜式(916年)に見い出される。
 江戸時代に於いては江戸初期の寛永年間(1624年〜1644年)に銀道具類が製調され後水尾天皇 及び将軍家光に
 献上された記録がある。
  この銀道具類を製作した職人を銀師(しろがね)と称した。江戸中期の江戸は世界最大の人口を有する都市となり
 元禄時代に彫刻師横谷宗a(1670年〜 1733年)が大名武家の使用する製品を彫刻する。
 家彫から脱皮し町人の持物を製作する町彫を確立すると共に彫金の技術技法を完成した。
  尚、彫刻する製品の生地(下地)造りを製作したのが白銀師(しろがね)、銀師(しろがね)
 (後に打物師)と称し彫刻師の下請的存在であったが、明治以降は鍛金及彫金の技術技法は
 維持継承されている。

 <銀器の主な製品>
 器物では 和茶器、茶道具、花器、食器、酒器、菓子器、喫煙具、楊枝入
 置物では 模型、人物像、動物像、賞杯、飾り皿、額、その他
 身辺具では帯止、煙草入、キセル、タイピン、手鏡、香水入、その他
  比 重 融 点 現在の主な産地
 銀(Ag)  10.50  961.78  南米(メキシコ・ペルー・ボリビア)
 金Au(K24)  19.32  1064.18  南アフリカ共和国
 金Au(K18)  15.40    
 白金Pt(プラチナ)  21.45  1768  南アフリカ共和国
 銅Cu   8.96  1084.62  

軟らかい



硬い
銀の名称  純度 用    途
 純銀(99.99%以上)  急須・湯沸など器物に使われる
 970(97%)  ペパーナイフ・大きく、薄いもの
 950(95%)  根付・薬入れ・などの小物
 925(92.5%)  箸・耳かき・バックルなど細い物や力のかかる物に使用
 900(90%)
割金(わりがね)  純度を下げるためにまぜるもの、主に銅を使う
器 物 の 主 な 行 程
溶 解  インゴットを用意する
板 状  炉で溶解し板状の大きな板を作る
延 べ  ロールで必要な厚みまで薄く延ばす
 例、写真立用  0.5o厚
   タンブラー 0.75o厚
地金取り  金切鋏で丸く切る
絞り加工  金鎚で叩いて絞り加工
 加工すると硬くなります。
 (加工硬化)
焼なまし  ガスバーナー等で熱し軟らかくする。
 絞りと焼きなましを繰り返し形を作る
仕上げ  内側を砥石と桐炭で研く
バフ
丸い布の束が
回転する機械
 バフで内側と外側を研磨しひからせて完成
完成品
 ウェブ アニメータ眼鏡掛けふくろう

 福未朗 (ふくろう):朗らかに福を呼び幸せを招く縁起もの。
 福  籠(ふくろう):福が籠もるとされ幸福のシンボル。
 不苦労 (ふくろう):苦労知らずの幸せ。
 福  老(ふくろう):老いて福、不老長寿のお守り。
 梟   (ふくろう):首がよく回るので商売繁盛。夜目が効き暗闇でも先が見通せる。
            先見の明(めい)聴力がすぐれる情報を聞き逃さない。


 知恵と学芸のシンボル・幸福を呼ぶ鳥として親しまれ愛されている

              
< ふくろうの雑学 >

 古代ギリシャ :女性アテネの従者として知性と学芸を象徴する鳥。
 現代ギリシャ :世界最初のコイン図柄がふくろうです。
 古代ローマ  :女性ミネルパの従者として学芸のシンボル。
 オーストラリア :女性原住民の守護神。
 日本総理官邸 :四角屋根に八羽のふくろうが守っています。
 北海道のアイヌ:ふくろうは守護神(コタンコロカムイ)神様として扱われる。

 扇 面

 扇は、家紋の一種で、次第に末の方に広がってゆく形から「すえひろ」とも呼ばれ、繁栄を意味するおめでたい
 模様とされている。中世からさかんに用いられるので、これが自然に家族にとりいれられていったものであろう。
 図柄に用いられる。
  四君子とは、中国・日本の絵画、梅・菊・蘭・竹の総称で、その高潔な美しさが君子に似ているところから
 こう呼ばれている。
 松竹梅は三つとも寒さに堪えるので、歳寒の三友と呼ばれ、わが国ではめでたいものとして慶事に用いられている。

  【純銀製 出世兜】
 
 兜は、五月五日 端午の節句に男の子のお祝いとして飾られるものの中でも最も代表的なものである。
 おこりは、端午の節会に衛府の官人が金銀飾の儀礼用のかっちゅうをつけて 騎謝をおこなった儀式の
 名残りであるといわれている。
  五月五日の端午の節句は、いわゆる五節句のひとつとして1200〜1300年も前に中国からわたってきた。
 最初、中国文化を直接うけとった朝廷でおこなわれたらしく奈良時代の本にもしるされている。
  古い歴史の中では、端午の節句の頃に流行る悪い疫病から身を守るため、薬草とともに、
 兜を飾り魔よけとしていた。現在では、子供の健やかな成長と幸福を祈るものとして多くの
 人々に親しまれている。
 
『福徳の神として信仰される七神』

恵比須  商売繁盛、家運隆昌、縁結び、五穀豊穣を司る、海運守護。

 初めは海上・漁業の神として、漁民が信仰する神様でした。
 それが転じて海運守護さらには商業繁栄の神様として、中世で広く信仰されるように
 なりました。
 格好は風折鳥帽子をかぶり、鯉を釣り上げる姿で登場して、それは「豊漁」を意味している。
大黒天  出世開運、財福招来を司る、インドの神様で仏教の守護神。
 日本の大国主命と習合されて民間信仰に浸透し、恵比寿様と共に台所などに祀られるように
 なりました。
 格好は頭巾をかぶり、左肩に大きな袋をかけ、右手に「打ち出しの小槌」を持ち 米俵を
 踏まえています。
 大黒様の使いとされた鼠、別称「大黒ねずみ」を従えている。
布 袋  うちわを持ち、お腹を突き出し、人々に清廉潔白大気度量を授ける。
福禄寿  福は幸福、禄は高給による生活の安定、寿は長命の三つの福徳を授ける神様。
  毘沙門天   勇壮なる神様。勇気、決断力、財福の神様。
   弁財天  紅一点の女神。弁才、福智、延寿、除災、得勝を司る天。
 また、音楽をつかさどる芸能の神様
  寿老人    人々の安全と健康を守る延命長寿の神様。